沖縄そばを食べよう!

沖縄そばにも色々な種類がある

沖縄には数多くのグルメがありますが、中でも沖縄そばは沖縄の定番グルメとして高い人気があります。ですが、ひとくちに沖縄そばといっても実はその種類は色々あります。一般的に沖縄そばとして有名なのがソーキと呼ばれる角煮の入ったソーキソバです。ソーキソバは豚骨とカツオだしのきいたスープが特徴で、白濁色をしています。麺はちぢれ麺が使用されます。また、トッピングにカマボコ、薬味として紅ショウガが使用されることが多く、見た目は豚骨ラーメンに近いです。味は豚骨ラーメンよりもあっさりとしていて、癖がなく食べやすい味です。主に本島ではこのソーキソバが沖縄そばとして食べられています。また、利用では他にも独自の沖縄そばが存在します。

離島の沖縄そばは一味違う

宮古島で食べられている宮古そばは、麺に特徴があります。主に使用される麺はやや細くあまりちぢれていません。スープや使用される具材は一般的な沖縄そばと大差はありませんが、細麺のため食べやすいのが大きな違いです。八重山諸島で主に食されている八重山そばは、甘みのあるスープが特徴です。また、使用される麺もちぢれの無い細めのストレートタイプの麺で、豚肉とカマボコを細切りにしたものが具材として使用されます。他にも南大東島が発祥とされる大東そばは、ちぢれの強い太麺を使用しており、油処理をせず木灰汁と海水で練り上げた強いコシのある麺は他の沖縄そばにはない独特な食べ応えです。このように、沖縄には多くの種類の沖縄そばがあるため、その土地ならではの沖縄そばを堪能するのも沖縄旅行の楽しみのひとつと言えます。